おすすめ漫画を簡単に紹介、あと雑記

面白いと思った漫画の紹介、あとはテレビの感想やブログの運営状況など

MENU

バクマン。 あらすじと登場人物、感想

 今回はアニメ化や実写映画もされた「バクマン。」について書きたいと思います。

 


バクマン。 1 (ジャンプコミックス)

バクマン。の概要

原作は、大場つぐみ先生、作画は、小畑健先生です。DEATHNOTEと同じですね。 
出版社は集英社で週刊少年ジャンプに2008年37・38合併号から2012年21・22合併号まで掲載されてていました。 
コミックスは全20巻です。 

バクマン。のあらすじ

物語は主人公の真城最高(以下サイコー)が中学3年生の時から始まります。
サイコーは、もう1人の主人公であるクラスメイトの高木秋人(以下シュージン)に「俺と組んで漫画家にならないか」と誘われます。一旦、その誘いは断りますが、同じクラスメイトでヒロインの亜豆美保と「アニメ化したら結婚する、それまで互いに直接会わない」と約束し、その目的を達成するために漫画家を目指すことになります。
サイコーは叔父(川口たろうのペンネームでかつて漫画家だった)が使用していた仕事場を譲り受け、シュージンと共にそこに籠って執筆を開始します。そんな中で手塚賞に準入選した新妻エイジという漫画化が同年代である事を知り、ライバル視するようになります。その後、完成した作品を少年ジャンプの編集部に持ち込み、編集者の服部哲と出会い、漫画家としての才能を認められることになります。
そして王道マンガではなく邪道での作風という方向性で、「亜城木夢叶」のペンネームにて活動し、アニメ化を目指して活動していくというストーリーです。

バクマン。の登場人物

真城 最高

本作の主人公です。亜城木夢叶のペンネームでは作画を担当しています。あだ名はサイコー。
漫画家になる前は平凡な人生を悲観する少年だったが、漫画家の夢を本気で追うようになってからは実直な性格になりました。。
小学生のころから、画力に非凡な才能をもっていて叔父の影響もあり、漫画家になりたいと思っていたが、その夢は諦めていました。中学の時にクラスメイトの高木秋人から「一緒に漫画を描いてくれ」と誘われ、最初は渋っていたが、想いを寄せていた亜豆美保と「自分の書いた漫画がアニメ化したら結婚する」という約束をし、漫画家への道を歩み始めることになります。


高木 秋人

本作のもう1人の主人公。亜城木夢叶のペンネームでは原作を担当しています。あだ名はシュージン。
学年トップの成績を誇る秀才です。小学生の頃から読書感想文で表彰されるほど文才に長けていました。漫画が大好きで、漫画家になりたいという夢を持っていて、中学時代にサイコーの絵の上手さに惚れ込み、漫画家の道に誘いました。
中学時代から香耶と交際し、結婚します。

 

亜豆 美保

本作のヒロイン。サイコーが想っている相手で、アニメ化したら結婚すると約束した相手です。
主人公2人の中学時代のサイコーのことをひそかに思っていました。

声優になります。

 

見吉 香耶

本作のもう1人のヒロインです。中学時代からシュージンの彼女であり、後に結婚します。亜豆の親友でもあります。中学時代に空手やボクシングなどをしており、運動神経は抜群で力比べはシュージンにも勝てる実力があります。

 
服部 哲

編集者で亜城木夢叶を最初に担当することになります。
率直で的確なアドバイスを行い、担当する漫画家と協力して活動していくスタイルを取っており、周りからの信頼は厚いです。
中学生のころから亜城木夢叶の2人の才能に期待を寄せており、熱心な指導を行います。

 
新妻 エイジ

天才的な才能を持つ漫画家で亜城木夢叶とはお互いの才能を認め合った良いライバルとなります。
6歳の時からペンを握っており、画力は新人離れしています。漫画は手が勝手に進むタイプの漫画家で変人です。

 

バクマン。の感想

今までにあまりない漫画家の裏の話が描かれています。

それでいながら少年ジャンプっぽい感じもあり、漫画家としてライバルや仲間たちと切磋琢磨しながらどんどん成長していきます。

中学生から20歳までが描かれていますが、本当に充実した時間をサイコー、シュージンは過ごしてるなと思います。この年代の頃の自分は遊んでばかりでした。

恋愛漫画でもありますが、本当にピュアな感じで自分の心もピュアになります。

本当にこの作者さんはすごいと思います。

デスノートのようなダークな作品を書いた後に、全然違うこのような作品を書くことができて、才能が羨ましいです。

漫画家さんの大変さもよくわかるので、今後も有り難く漫画を読ませて頂こうと思える作品です。

 

無料試し読みはこちらからどうぞ

※ebookjapanの該当ページに遷移します